歯が痛む、歯がしみるといった症状はありませんか?

「歯が痛い」「食べ物がしみる」……そんな症状がある方は虫歯があるかもしれません。痛くて辛い虫歯は早めに治療しましょう。反町・東神奈川の歯医者「松樹歯科医院」が虫歯の症状や治療法をお伝えします。

虫歯を放っておくことのリスク

虫歯は放置しておいて治る病気ではありません。そのままにしておくと、症状は少しずつ進行し、ひどい場合は抜歯が必要になることもあるのです。今ある歯を大切に残すためには、虫歯の予防や早期発見・早期治療が重要になってきます。

重度の虫歯でも根管治療で歯を残せます

根管とは、神経や血管が通っている管状の組織のことを指します。虫歯が悪化すると根管内に細菌が侵入し、血管や神経が冒されてしまいます。放置しておくと、その歯は抜歯が必要になってしまうでしょう。

根管まで細菌が到達してしまった歯を残す手段が、根管治療です。根管治療では、細菌に冒された部分を除去・洗浄・消毒し、根管内に薬を充填させ、被せ物で補います。

PICK UP 当院では拡大鏡を使用します

根管は大変小さいため、肉眼だけでは正確に確認できません。そのため、当院では根管治療において、拡大鏡を使用しています。拡大鏡は、視野を肉眼の数倍に広げることができる道具です。より正確に根管の様子を捉えることができるため、繊細で精密な治療が可能になります。

根管治療症例紹介

根管治療で、歯の根の先までしっかりと薬剤を充填した症例です。

虫歯になる前に予防をしましょう

  • ページの先頭に戻る

奥歯の痛みは親知らずかもしれません

親知らずとは、前歯の中央から数えて8本目にある歯のことです。古代の人間は顎が大きかったため親知らずも正常に生えてきましたが、現代人は顎が小さく歯の生えるスペースが少ないため、正しく生えてこないケースが多くあります。

斜めに生えたり、横向きに生えたりする親知らずは、隣の歯を押して痛むことがあります。「奥歯が痛いなあ」と感じたら、それは親知らずが正しく生えていないのかもしれません。

親知らずを抜く場合と抜かなくてもいい場合

親知らずはすべて抜かなくてはいけないとお思いではないでしょうか? 実際は、抜かずにいたほうがメリットの多いケースも多々あります。以下では抜いた方が良いケース、抜かない方が良いケースをご紹介しています。

親知らずを抜いた方が良いケース 親知らずを抜かない方が良いケース
  • 隣の歯を圧迫している
  • 斜めや横に生えている
  • 歯磨きがしにくい
  • 奥歯が痛む
  • まっすぐ生えている
  • 奥歯として機能している
  • 他の歯と同様に歯磨きできる

PICK UP 院長は口腔外科を得意としています

当院院長は、大学病院の口腔外科で勤務した経験があり、親知らずをはじめとした口腔外科の処置を得意としています。「日本口腔外科学会」にも所属し、日々、口腔外科に関する知識を取り入れています。口腔外科の処置は当院にぜひ、任せてください。

親知らずでお悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい! 電話番号:045-321-6665

  • ページの先頭に戻る